イーラーニングで成績向上、資格取得スキルアップ

智力は自立を支え、地に活力をもたらし、国を豊かにする。

顧客獲得法→入会無料、二ヶ月習い放題無料券配布作戦(協働提携業者求む!)

顧客をこれ以上減らさない為に!ライバルや異業種に取られずに喜ばれて客単価をUPする、成長産業&安定収益&不況打破。今のお客さまを固定化する「無料サービス券」内容に絶対の自信!対象業種『スポーツクラブ』『文化サークル』『教育産業』『コンサルタント』『自動車教習所』『訪販業界』『保険損保』『小売業』『サービス業』


eラーニングビジネスの市場性と将来性

e-japanからu-ジャパン政策で国内のITインフラを促進した日本。その目的は情報網の確立により、ムリムダムラをなくし効果的なビジネス活動環境を提供する事。そして何処でも誰もが必要な情報を安価で入手する事で知識を得て豊かで便利な生活を送るためでした。 結果、20世紀のビジネス形態のほとんどはインターネット上に乗る事ができました。店舗、銀行、映画館等がそれです。結果、eメールからeコマース(電子商取引)へと浸透しました。


最後に残された市場が教育=eラーニング

eラーニングは経済格差が教育格差をもたらしている現状では不可欠なものです。学校の授業についていけない、8割9割とも言われる子供は塾に通うしかありません。その経費は月数万円です。しかし、学校給食費の不払いや健康保険料の未納などが増えるいっぽうの経済状態で、家庭教師や塾に通わせることの出来る家庭は限られます。 地域格差も深刻です。それは情報格差による中小零細企業、自営業のIT活用格差でもあります。事業者やスタッフに対するスキルアップ、仕事の運営の中で必要な情報があれば、貴重な資金を本当に必要な部分に集中投資できます。その環境をもたらす「ビジネス向けeラーニング」は不可欠であり望まれているのです。今後大きく伸びる分野です。
ご希望の方はTOPページからお問い合わせ下さい。


当eラーニングビジネス推奨14の理由

NHK通信ラジオテキスト広告

幼児からビジネスマン、企業迄使えるコンテンツが満載

智力と地域力向上実践会
口コミサイトnetwork
a:974 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM